DSC_1281.jpg
文字_アートボード 1 のコピー 2.png
文字_アートボード 1 のコピー 3.png
  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube
moji-06.png
蒼き風の民-09.jpg

「生きる力」くれる映画を

時代の分岐点
今だからこそ、届けたい物語

コロナ以降日本人の自殺者数は若年層(特に中高生)・女性を筆頭に急激に上昇しています。

そして、人々のコミュニケーションは大きな変化を余儀なくされ、遠く・薄くなりつつあります。

 

映画や演劇、音楽など芸術全般に関わる人々の創作活動も同様で、あらゆる表現の場が制限され、相手の顔が見えない(もしくはリモート画面上の)コミュニケーションに違和感を抱きつつ、模索を繰り返しながら、ここまで来ました。

しかし、決して忘れてはいけない、言葉を届けたい。

「人間は支え合い、繋がって生きていく」

本企画には、 原案である書籍「生かされて生きる-震災を語り継ぐ-」から読み取れるように“東日本大震災”が大きなキーワードの一つとなっています。

人々の営みの中にある「身近な生と死」。

誰にでも起こりうる、「出会いと別れ」、そして「誕生」。

「生きていくことの難しさと向き合い、繋がって、支え合う人々の姿」

時代に色褪せない物語、心を振るわせる力強い言葉で、人々の記憶に残る映画をスクリーンに届けます。

​監督・脚本 山本 透

 
 
有り触れた物語2_アートボード 1.png
有り触れた物語_アートボード 1.png
DSC_1175.jpg
DSC_3041.jpg
DSC_1100.jpg
北村有起哉さん-02_edited.jpg

彼氏を事故で失った、元バンドマンの女性(桜庭ななみ)。30歳を過ぎても、ボクシングを続けるプロボクサー(松浦慎一郎)とその妻(金澤美穂)。1分1秒でも長く生き、娘の結婚式へ出席したい、末期癌と闘う女性(仙道敦子)。将来に不安を感じながら「魂の物語」を演じる若い舞台俳優たち。そして、自然災害で家族を亡くし、自殺願望を抱く中学生の少女(碧山さえ)。妻と息子を亡くし少女の父親(北村有起哉)も生きる希望をなくしていたが、傷ついた娘のために、再び生きることに立ち向かいだす。そんな二人を懸命に支える年老いた祖母(手塚理美)、優しい親友(鶴丸愛莉)と担任教師(宮澤佑)。たくさんの人々の想いを受けて、少女の心は、少しずつ変化し始めるー。

全ての登場人物が抱えている問題は、角度は違っても全て「命」と向き合った物語。いくつもの物語が、複雑に折り重なり、それぞれの人生が交錯する。「支え合い、分かち合い、何度でも立ち上がる」それは、「ありふれた物語」であると同時に「有り、触れられないモノ」の哀しさと「有り、触れられるモノ」の尊さを教える。